以前からビーチでスキンを焼いているのですが、何ぜUV注意報が出ている真昼間に敢えてスキンを焼いてるのかというと、それは短時間で予定していた分簡単に作れるからだ。
またUVが体に齎す害を恐れると言うより、日焼けによって耐性をアップさせたいと想うビジョンが激しいからで、健康でありたいというお願いが激しい場所の表れに他なりません。 
ついつい2、3ウィークフロント、ビーチで見つけた荷役用のパレットを浜の私の判別機会へ引き上げてその上で仰向けになったりうつ伏せになったりしてスキンを焼いてるのですが、体の運転がしやすいので砂まみれに変わる心配もなく甚だ快適ので終わりられなくなりそうです。
そうして2瞬間近辺過ごして高めるのですが現在こういうお気に入りのパレットが誰かに持ち去られないか心配になって来ました。
全然酷いのでみずからどっかへ運ぶ気にはなれないと思うのですが、ひとまず間違って持ってかれないようにこれまたビーチに過ぎ行きついていたみなとで使われていそうなナイロン製ロープに引っ掛けて雑木に括り付けて置きました。
仕上げに油性スプレーで、持ち帰り禁物、とでもペイントしておけば完璧だと思いましたが、これでしばらくは小さいことを心配しなくても過ごせそうな気がします。アリシア スムース ビューティー 違い