Month: 1月 2017

地球内部の高熱などについて修練をしていました

地球などについて教育をしました。一般に、地温は深さとともに徐々に高くなっていきます。こういう配分を、地中増加温パーセント(地温こう配)といいます。地中30kmまでの地中増加温パーセントは、平均して100mにつき2〜3℃辺りだ。地中深部の気温は、超高圧下での物の融点と刺激の仲などから見積もられていらっしゃる。しかし、その推論甲斐には大きな選択肢があります。たとえば、深さ2900km付近の気温は多分3000〜3700℃だ。地球の内部は高温であり、温度の低い地表に向かって気迫が伝えられます。こういうエナジーを地殻気迫流量といいます。大陸の中では一般に古い安定店集団で気迫流量が少なく、真新しいアップダウン帯で気迫流量が大きいです。また、海洋グランドにおいては海溝周囲で気迫流量がやや小さく、半ば海嶺などマントル深部からの大きな発展流の起こるグランドでは気迫流量が大きいです。このようなことを覚えましたが、知らなかったところが相当あったので知れて良かったなと思いました。ベジライフ 販売店

ガードマン様、個々人いてもいなくても同行でしょ

運転をしているとところどころでガードマンを見ます。電信柱の工事場内や、裏道の工事場内では確かに、人間を安全にしてくれている感じはします。たとえば、交互に対向自動車を通過するスタイルなど。これは明らかにガードマンが必要です。しかし、以外はこの人いてもいなくてもおんなじじゃない?と想うことがほとんどです。ほぼ公判でガードマンを置かなければいけないらしいですが。ガードマンのオヤジじたいが邪魔であんたが課題だよと想うことが多いです。あとは、あの棒を振っているのだけど、いろいろ振っていて、いてもいなくてもよろしいような。それとワークショップのパーキングに2お客様もガードマンがいるんです。はっきり言っていなくても極めて、困りません。一人でも多いのに、2お客様もいるんです。スタートにあるだけだから、中に入って人と接触しても勤めは取ってくれません。どっちみち両者もいるのなら、誘導して人と接触しないようにするじゃない?とたえず思って見てます。スタートに立ってたってメリット乏しいでしょと。これだって、ワークショップのビビッから、税金を並べるんでしょう。エピレ vio2回効果実感

初乗り運賃を下げたの五輪の時に外人から苦情が来ない為

都内のタクシー料金が値下げされたのは、東京五輪を見据えてのことだと思いますが、その時私は、料金下がった従業員死ねと、誰かが叫ぶのが聞こえたような気がしました。
それは多分、保育園落ちた、日本死ね!と何度も聞いたせいもあるかとは思いますが、今後、運転手さんたちの生活が相当厳しくなりそうだと思ったのも事実です。
初乗りだけ目立つように値下げしただけなので、総じて前と売り上げは変わらないという話も聞きますが、
将来的には自動運転車の導入等を経営者は考えてるようなので先行きが厳しいことは運転手さん達も十分承知だし、沈みかけた船からは早めに降りて違う仕事を見つけて転職できるかが運転手さんたちの運命を分けそうですが、他の仕事ができないのでタクシー業界に流れてきたという人がほとんどなので、多くの運転手にとってこれからまさに生き地獄が展開されそうな気配が感じられます。
ただ近いうち運転手以外の職種の人達にも似たような運命が待っているのですから、今からそんなことを気にしてビクビクしながら生きるのも馬鹿々々しいように思えます。http://www.ooooner.com/musee-yoyaku.html

先日行われたクラブワールドカップについて。

先日あの世界的にも有名なレアルマドリードがクラブワールドカップで優勝を達成しました。しかし近年世界の平均のレベルが上がっているのか、なかなか簡単に優勝をおさめるチームがすくなくなってきているのかなと思います。その中でも象徴的だったのが開催国王者として出場した日本の鹿島アントラーズが決勝に進出したということです。日本勢はほぼ毎年クラブワールドカップに出ていますが、なかなか準決勝の壁を破ることができませんでした。最高でも三位止まりで、なかなか決勝に行くことができませんでした。やはり日本で開催しているので、ファンとしても決勝に行ってほしいものだと思っていました。そして今回やっと南米王者を破り、決勝まで行きました。そして決勝ではスター軍団に対して延長戦まで持ち込むなど、大健闘でした。それに現日本代表が二人しかいないチームがスター軍団と互角に渡り合っているのを見て、これからの日本サッカーの未来が明るくなったと思います。それに感動と勇気を与えてもらい、より人気が出てくるかなと思うので、これからの日本サッカー界が楽しみです。キレイモ 回数制

今年は全てにおいて自然現象の異常が発生した年でした

現在猛威をふるっている様々なウイルス。例年より早く流行したインフルエンザ、全国に拡大している鳥インフルエンザ、感染力が強くなったノロウイルス、抗生物質でも効かない耐性菌など目に見えないものにおびえなければならない状況にどう対処していけば良いのか。ウイルスの進化が人間を上回ってきているのです。また、もう聞きなれた何十年に1度の洪水や、何十年に1度の大雪など人知をはるかに超えた自然災害も対策が遅れている状況であります。そういうニュースを見ていると人間の力とは本当に小さいのだと感じます。確かに人間は進化をしてきました。さまざまな問題を解決もしてきました。しかしそれを凌駕する自然の変化に人間の知力が追い付かなくなってきたのではないでしょうか。ではどうすればよいのか。自分たちが最低限出来ることをすることで防ぐことも出来ると考えます。ウイルスに冒されないように規則正しい生活をして免疫力を高める事や、これ以上の温暖化を防ぐためにも二酸化炭素の排出を気をつけるなど小さい事かもしれませんが、地球上に住む方々が一人ひとり取り組めば大きな力になると思います。まずは自分の足元を見ることが大事ではないかと思う毎日です。ミュゼ 400円

福山雅治さんに第一子が誕生してファンの間でお祝いムード

いまか、いまかと心待ちにしていた福山雅治さんに第一子がお誕生しました。
福山雅治さんは今は年末のライブにと大忙しの中運良く立ち合い出産が出来たそうで良かったと思います。
ファンの中では祝福する方もいれば相変わらず非難の方もおられますが素直におめでとうございますと言いたいものですが福山君はライブの中でファンに報告したそうです。
私はフアンなのですが私は本当に嬉しくて年齢や性別はは非公開なのですが無事に生まれて良かったと思いました。
そのうちに性別も噂で流れて耳にはいる事だと思います。子供はかなり守れるでしょう。
福山雅治さんは自分の子供にどんな教育をするのか?かなり興味がありますが親が偉大な為にいじめられたりしないか?とか心配ないはあると思います。
47歳で第一子ですが二人くらいは欲しいのでは?と思います。
結婚、出産でフアンも減りつつありますが何とか人気を維持して頂いて、これからもテレビにライブにも活躍して欲しいと思います。ミュゼ うなじ脱毛

久しぶりに実家へ帰省。息子も電車に大喜び

先日の連休を利用して、子どもと大阪の実家に帰省しました。
帰省と言っても電車で帰れる範囲なのですが、子連れとなると行きかえりも大変なので、なかなか帰れないでいました。

数カ月ぶりの帰省の前に、息子が喜んだのは電車に乗れること。
息子は電車が大好きなのですが、見るのが好きで、いざ自分が電車に乗っているということは理解できていないようです。
電車が停車すると反対車線の電車に喜んだり、乗り換えで見れる電車に大喜び。
「今、乗ってるよ。」と話しても呆然としています。

そして、最寄駅に着くとおじいちゃんが嬉しそうに手を振ってくれています。
息子もしっかりじいじの顔は覚えているようで、嬉しそうにじいじのもとへ向かいました。

そして、公園へ連れて行ってもらったり、いつもと違うおもちゃで遊んだり、お風呂に入れてもらったり、美味しいものを食べさせてもらったりしました。
ママも日頃の家事、育児からはなれ少しゆっくりできました。うなじ 脱毛

DreamHack Summer Epsilon vs HellRaisers

悔しい争いを展開しながらも破れたepsilonと、GODSENTにスキームで完封されたhellraisersとのゲーム。両グループのダイアログを見る限りはダッシュの突き当たり合いと至るだろう。何よりさっき戦で仲間外れにされたと当てはまるoskarはうっぷんを晴らす場所となりそうです。

Epsilonはきのういやに触発力を生かすゲームを繰り広げていたのでhellraisersもナルシシズムはできない。Epsilonの当たりの強さをどうしていなすかがHellRaisersの娯楽の鍵に変わるだろう。
HellRaisersにとってトップ早い戦略がAWPでのロングレンジでキルする事になるので、前もってoskarの振動が丸ごと勝ち負けを牛耳る事になる。

関心プレイヤーはEpsilonはdisco doplan、HellRaisersはoskar。
disco doplanは前回の争いでは見どころを問わずかなりの命中率でNiPを苦しめていた。こういう争いでも活躍するならばHellRaisersは手こずるだろう。脱毛ラボ 9ヶ月無料

メイルのアップのタスクの振舞いについて学校

送信のときについて実践しました。メイルを送信するには、宛先のメイル・メイルの件名・くだりを作成して、送信リンクを押します。その用事は登録されている送信メイルサーバにとにかく送られ、後宛先の受信メイルサーバまで届けられます。メイルにはくだりとしての字知識だけでなく静止イラストや動画、響きなどコンピュータで取り扱えるさまざまな様式のファイルを添付することもこなせるが、体格の大きいファイルは添付してはいけません。これは、一般的に受信メイルサーバでは皆さん一人ずつに一定の容積統制をしていて、その容積を通り抜けるメイルは受信できないためです。体格の大きいファイルを送る場合には、予め検索のメイルをおくることも必要になります。携帯電話でも、ディジカメ効能やビデオカメラ効能を備えたモデルでは、映像や動画などを簡単なコントロールでメイルに添付することができます。送信のことを細かく知れて良かったですし、勉強になりました。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/

自分の人生 お酒との出会いが生きがいです

自分はお酒を飲むのが好きです。
まずお酒の場合、昔はお金がないのに毎日飲んだくれで、呑みに行ったら倒れるまで呑んだり、周りに迷惑を掛けながらも「お酒が生きがいだー」などと言っていました。

ですが、年をとるうちになぜだか人って変わるんですね。
彼女、友達、先輩、家族を見てるうちに一歩大人にどんどん近ずいて行き、そんなことはしないで普通に誰かとおしゃべりしながら呑んだり、一人でTVを見たり、携帯をみながらなど落ち着いて呑むようになっていき、そのうちそれが習慣になっていき、仕事終わりには呑んで、時にはお店の味と雰囲気が欲しくなって、今では1人でもプラプラ呑み歩いています。

あまりお酒も呑みすぎは当然良くないので、自分なりに色々試してきたのですが、今実践している健康法としては、「安酒は?まない」ことです。
ビール風飲料や甲類焼酎など、手頃な価格で呑める酒はあえて選ばず、高くても惜しまず、高くてもより美味しいプレミアムビールや本格焼酎を買ってきて懐具合に合わせた量を呑んでいます。

調子に乗って呑みすぎると、肝臓より先にお財布にダメージが来るので、経済観念のある人にはてきめんに効きます。
これらが自分にとっての「生きがい」です。ミュゼ 400円